ゴミ屋敷片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
 編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 



正しい価格をご案内

当社では、ホームページ掲載の価格は、実際に近い価格で表示しております。また、お電話やメールでの価格のご案内もお客さまからの可能な限り情報をいただき現実に即した価格のご案内に努めております。
 
最近の業者さんの価格表示の傾向
集客の中心は、一昔のチラシ投函からネットでの集客に移りました。ネットの広告は、チラシ集客よりローコストで多くの業者さんがネット集客に力を入れています。ネットでは、A社、B社、C社と同一業者が評価の良い順番に表示されます。お客さまにとっては、簡単に業者比較ができて便利になりました。閲覧される業者さんは、お客さまから選んでお声をかけていただかないと、結果がでません。いくら、上位にある業者さんのホームページでも、お客さまの選択幅が広がりましたので、A社、B社、C社の中で、自分に合った業者に連絡を取ることでしょう。
当業界で多くの関心事は、料金に関心があるとホームページ制作者は、気が付いたのです。そこで、多くのホームページでは、たくさんの反響を得て勝ち残るために、安い価格表示を行うことになりました。
 
こんな価格訴求が多くみられるようになりました
当社では、安い価格表示を行っておりませんが、よく、これで採算がとれるのか、成り立つのか、多くの疑問を持っています。

「A社・B社と当社は、ここが違います」
他の同業者との価格比較です。広告宣伝費をかけていない、出張費0円、基本料金0円でA社・B社より安いという表示があります。このような表示は、取り上げた企業が不明であまりあてになりません。

「乗せ放題パック料金表示」
乗せ放題パックは、わかり易い料金システムのようですが、お客さまにとっても業者側にとってもとても危険なシステムで、当社では、採用しておりません。軽トラック乗せ放題で頼んで、予定していたものがすべて乗らなかったというケースは、多くあり、そのため追加のトラックを呼んだら追加請求されたり、また、スプレー缶や食品、ブロックなど断られたりと、トラブルが多いようです。これは、そもそも安い料金ですから業者さんは、無理があるので、なるべく乗せたくないから、あれは、ダメ、これは、ダメ、これ以上載せられないと言い出しで、トラブルがおきます。
 
「2トン一台39,800円の価格表示」
よくこのような格安表示が見られます。当社では、平トラックには、コンパネという板を四方に囲んでたくさん積むようにしています。長年これで仕事をしていたため普通のことと思っていました。実際にコンパネを立てると39,800円は、産業廃棄物処理料金にも満たなくなります。作業費、経費も賄うことはできません。おそらく、こちらの料金は、コンパネを囲わない平積み料金でしょう。当社では、常にコンパネを立てた料金体系で表示しております。
 
当社では、現実の価格をご案内している理由
お仕事をお受けするプロセスは、お問合せから料金のご案内、現地お見積り(省略するケースもあります)、料金確定という過程を経て、ご了解をいただいて作業を行います。この過程は、多くの業者さんで行われていることになります。ホームページやお問合せで、お客さまが要望している内容で、実際の価格よりお安く案内が行われていたら、お客さまでは、お安いから喜んで業者さんにお見積りや作業を依頼します。しかし、当日になり、期待していた料金より大きくかけ離れた料金であれば、お客さまは、不愉快に感じるでしょう。担当者は、一生懸命に、ああだ、こうだと説明し、説得に試みます。お客さまの中には、契約を行わない方も多くおりますが、そこまで言うなら、折角来てもらったから、断りにくいからといって、渋々契約を行い人も出てきます。このような形で契約が成立すると、お客さまも、担当のスタッフも気持ちよい関係でお仕事ができませんし、担当のスタッフも契約に至るまでの費やすエネルギーは、はかり知れません。
当社では、お客さまとスタッフが気持ちよく作業を行えるように、こうした価格訴求を行わない方針で経営をしております。
家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます

 

Dcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しております。

 
 
簡単ホームページ作成