ゴミ屋敷片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
 編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

ゴミ屋敷になりやすい職業とは?理由や対策をご紹介

ゴミを捨てられない、不要だとわかっていても買ってしまうなどゴミ屋敷にしてしまう理由は、誰にでも当てはまることも多くあります。ですが、ゴミ屋敷にしてしまう人の特徴を見てみると、職業に傾向があると言われています。


 

そこで今回は、ゴミ屋敷にしてしまいやすい職業をご紹介し、その理由や対策などを解説していきます。職業に当てはまる方は、傾向を理解して対策に役立てましょう。


 

ゴミ屋敷にしてしまいやすい職業とその理由

清掃業者の方の経験を見ていくと、ゴミ屋敷にしてしまいやすい職業が見えてきます。主な職業とその理由をチェックしていきましょう。


 

・医師、看護師

医師や看護師は、職場によっては夜勤のある仕事です。生活リズムが不規則になりがちで、ゴミ捨てのタイミングが合わずに捨てられないこともあります。多忙な職業柄、疲れ切ってコンビニ弁当やスーパーのお惣菜などで食事を済ませていると、ゴミが溜まりやすいです。


 

また、医師や看護師は、ケガや病気に悩む患者に寄り添い、時には死に直面することもあります。精神的に疲弊してしまい、自分の生活に目を向けられないこともゴミ屋敷に関係することもあるでしょう。


 

・弁護士

弁護士の方には、真面目でしっかりしている印象を持っていませんか?裁判所で活躍する姿が印象的で、しっかりしているイメージがありますが、常にプレッシャーにさらされながら仕事をしています。仕事の反動で家でだらしなくなり、ゴミ屋敷にしてしまう事例が多いようです。


 

社会的地位が高いからこその理由もあります。ゴミが溜まっていることがわかっても、周囲を気にして捨てられず、悪循環に陥ってしまうのです。


 

・公務員

公務員は、役所や学校などで、多くの人と関わり、適切な対応を日々求められています。職種によっては、多忙を極めることもあり、ゴミ出しや掃除の時間を確保できなくなってしまいます。


 

的確な対応を求められることや多種多様な人と関わることによって、ストレスを溜めてしまうこともあるでしょう。弁護士と同じく、社会的地位から周りの相談ができず、状況を悪化させる場合もあります。


 

・夜の仕事をしている方

夜の仕事をしている方は、ゴミ出しの時間に寝ていることが多く、自宅にゴミを溜めやすいです。


 

接客でストレスを溜めたり、お酒で体力を消耗したりして、自分の生活に気を回せないこともあるでしょう。そのような日々が続くと、捨てられないゴミが溜まり、ゴミ屋敷になってしまうのです。


 

・経営者

経営者の方のなかには、経営状況によるものの、立ち上げ当初や事業に力を入れている場合、生活を後回しにしてしまう人も多いようです。1日中仕事に没頭していると、自宅の片付けや掃除は難しいでしょう。


 

プレッシャーやストレスもあり、精神的に負担がかかり、物を買い込む、暴飲暴食をするなども、ゴミ屋敷につながる原因になることがあります。


 

忙しい職業でもゴミ屋敷にしないためには

忙しい職業やストレスのかかる職業の方は、部屋を維持するためのルールづくりや工夫が必要です。


 

生活リズムや勤務時間が不規則になりがちなので、ゴミを片付ける日や掃除をする日を決めましょう。シフトを確認して時間のある日や予定のない日にしっかり片付ければ、ゴミ屋敷化を防げるはずです。


 

プレッシャーや精神的な負担がかかっている場合は、適度にストレスを解消しましょう。運動や音楽鑑賞、いつもと違う食事などで気分を入れ替えると、リフレッシュでき、片付けに掃除に気が向くはずです。


 

片付けが難しいゴミ屋敷は業者に依頼しよう

仕事で時間がとれなかったり、ストレスを溜めたりしやすい職業の方で、もしゴミ屋敷にしてしまったら、業者に依頼するのがおすすめです。自分で片付ける必要がなく、プロによって住宅をきれいに清掃してくれます。


 

「周りの人に知られたくない」という方にもおすすめのサービスです。家族や友人、近隣住民の方に知られる心配が少なくなりますよ。


 

ただ、一度住宅が元通りになっても、ゴミを溜めてしまう癖や意識が変わらなければ、またゴミ屋敷になってしまうでしょう。一時的な対処として、業者に依頼し、きれいな状態を維持できるように生活を見直すことが大切です。


 

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します
ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます

 

Dcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しております。

 
 
簡単ホームページ作成