ゴミ・部屋の片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

親のための部屋づくり・実家&義理親の家をごみ屋敷にしない方法

 

片付けをめぐる親子ゲンカ

久々に実家へ帰省すると、「部屋が散らかっている」「片付けて欲しい」と感じることはありませんか?逆に、生まれ育った家ではなく、奥様の家やご主人の家など義理の親の家が、汚くて「帰省したくない」「子どもを連れて行きたくない」と感じることはありませんか?

しかし、片付けをしてほしいのは子どもだけ。親は、片付けを必要とも思わず、食器棚からお皿があふれ、洋服も積上がる日々です。実家や義理親の家をキレイにしたいと思う子どもと、その必要がないと思う親、この気持ちのギャップをどのように乗り越えればいいのでしょうか。残念ながら片付けをめぐる親子ゲンカは多く、さらに悲しいことに必ず親との別れがやってきます。そこで、今回は実家や義理親の家を上手に片付けるコツをご紹介します。

 

 

そもそも、住人である親が片付けを「嫌だ!」と拒否しているのに、子どもは本当に片付ける必要があるのでしょうか?その答えは、「Yes」です。片付ける必要があります。

 親が年を重ねれば、病気になったり介護が必要になったり状況が変わってきます。ただ、誰だって病気や介護がいつやってくるか予想ができません。そのため、介護が必要になったときの備えとして、暮らしやすい部屋を作るのです。もともと部屋がキレイなら、認知症や車椅子の生活になっても、

それぞれの症状に合わせてレイアウトを変えれば良いのです。

 地震などの災害時にも、同じようなことが言えます。ごみ屋敷状態だったら、棚からモノが落ちてケガをしたり、床にあるモノにつまずいて転倒したり、大変な事態になります。ご高齢の方は、骨折から寝たきりになるリスクが高いので、片付けをするだけで親の命を守ることにもつながるのです。

 

子ども=自分自身を犠牲にしないために!!実家・

義理の家を片付ける

病気、介護、災害という理由以外にも、片付ける理由があります。それは、片付けでも介護でも子どもである自分を犠牲にしないためです。

子どもには子どもの家族がいて、仕事や生活があります。冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが、親のために自分の時間やお金を犠牲にすると、自分の家族や生活まで崩壊してしまいます。そのような究極の状況に陥らないためにも、ゆっくりでも良いので実家や義理親の家を片付ける必要があるので

す。

 

片付ける前に、まずは親・義理親とコミュニケーション

子どもがいきなり家に来て、「片付けよう」「これを捨てよう」と言われても、親は気持ちを閉ざしてしまいます。最初は、一緒にごはんを食べたり会話をしたり、コミュニケーションを計ることが大切です。また、孫から片付けについて、はたらきかけてもらうのもひとつの方法です。息子や娘に直接言われると「カチン」と来る内容でも、ワンクッション置いた孫に言われると、親の心が動くこともあります。どちらにしても優しい言葉で、じっくり親と向き合うことが重要です。対話を重ねると、親の想いや大切にしているモノがわかるはずです。子どもが親を理解し、親は子どもが自分のことを心配しているとわかれば、きっと片付けが進むはずです。

 

親の家のモノを勝手に処分しない

さて、いよいよ片付けです。長期戦と考えて無理なくできることからはじめましょう。ただし、親のモノを子どもの判断で捨てるのは禁物です。いくら実家でも、親の家です。「どうせわからない」「必要ない」と思っても、捨てるときには親の承諾を得るようにしてください。子どもに、勝手にモノを捨てられたら親が悲しみます。

また、「捨てる」の他にも「譲る」「子どもが使う」という方法があります。親も「他の人に使ってもらえるなら…」「欲しいなら…」と手放してくれるかもしれません。最近ではスマートフォンのフリマアプリで、モノを出品して売ることも簡単です。

親に提案してみてはいかがでしょうか。

 

見た目よりも安全第一の親の家

親の家は、安全を優先させて片付けをしましょう。雑誌やテレビで見るキレイな部屋を目指す必要はありません。とにかく、ケガや転倒のリスクを減らすことがポイントです。階段に新聞や雑誌が積まれていないか、落ちてくるようなモノが棚の上にないか、子どもが確認してあげるようにしてください。また、イスや台に乗らないと取れない天袋や棚にはモノを収納しないようにして、体の負担を減らしましょう。

 よく部屋と部屋の段差を無くしたり手すりを設置したり障害を無くすことを「バリアフリー」と言いますが、

片付けること自体も立派なバリアフリーです。

 

収納ケースは購入しなくても大丈夫

「空き缶」「空き箱」を大切にしまっている親も多いはずです。それを収納ケースにしましょう。収納ケースに入れるだけで、ホコリダマリ防止にもなり、掃除も楽になります。空き缶や空き箱を使うときは、ラベルを貼り、何が入っているのか、一目でわかるようにしておきます。新しい収納グッズを購入するより、慣れ親しんだモノを収納グッズにする方が親にとっては安心できて嬉しいでしょう。

また、収納ケースは、使う頻度によって置く場所を決めておきます。あまり使わないモノは棚の奥、よく使うモノは手前にしておきます。

 

まとめ

実家・義理親の家の片付けは精神的にも肉体的にも大変な作業です。それでも、親子でうまくコミュニケーションがとれれば、円満に片付けが進みます。何かひとつでも良いので、片付けをしてみてはいかがでしょうか。きっと、気持ちがスッキリして親子で笑顔になれるはずです。

子どもが実家・義理親の家を片付けるワケ

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します
ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
 
 
簡単ホームページ作成