ゴミ屋敷片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
 編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係
 
最近では、高齢者のみならず若者でもセルフネグレクトに悩んでいる方は少なくありません。
セルフネグレクトになってしまうと、孤独死をしてしまったりゴミ屋敷を作り上げてしまったりと様々なリスクが考えられます。
そこで今回は、セルフネグレクトについてお話させていただきたいと思います。
 
セルフネグレクトとは?
 
それではまず、セルフネグレクトとはどのような状態なのかをお話させていただきます。
セルフネグレクトとは、簡単に言えば日頃の生活がすさんでいて病気を疑うような状況です。
セルフネグレクトであると判断する重要なポイントは2つ。
1つ目は生活を維持できる能力と意欲がないこと。
2つ目はその結果として自分の健康と安全が損なわれていること。
この2点により判断することが出来ます。
 
生活を維持できる能力と意欲がないという点に関してですが、毎日当たり前のように入るお風呂が面倒臭くなり週に1回程度しか入浴しない、もしくは全く入浴しないなどの状態が当てはまります。
また、食器洗いや炊事が面倒、ゴミ捨てが面倒などに状態も同じですね。
買ってきたものを飲んだり食べたり、そしてそのゴミはそのまま。
まさにゴミ屋敷へとまっしぐらの状態なのです。
 
また、2つ目の自分の健康と安全が損なわれているという点に関しては、言うまでもなく食生活による健康面の不安や劣悪な生活環境による精神障害など。
それらの状態もセルフネグレクトが引き起こす重大な問題点ですね。
 
セルフネグレクトが疑われる方の代表的な行動として、
    家の周りや家の中にゴミが散乱していて、その中で平気に生活している。
    衣類が汚れているものを毎日着続けている。失禁しても気にしていない。
    認知症になっても介護サービスを利用しようとしない。
    怪我などにより自分一人では生活が困難であるにもかかわらず、治療などをしようとしない。
この4点が挙げられます。
これらの項目に1つでも当てはまるという方、もしくは家族の方はセルフネグレクトになっている可能性がありますので要注意ですね。
セルフネグレクトは強い精神的ストレスが引き金になると言われています。
ストレスの多い現代社会では、完全に予防することは難しいのかもしれません。
しかし、セルフネグレクトが原因となりゴミ屋敷のような環境で生活をすることは、健康面でも精神面でも大きなマイナスであることは明らかです。
 
もし、あなたの実家の両親が「自分でやる」「うるさい大丈夫」「放っておいてくれ」と口癖のように言うようであれば、セルフネグレクトを疑ってみてもよいのかもしれません。
 
セルフネグレクトにならないためには
 
それではどうすればセルフネグレクトにならないのでしょうか?
まず、セルフネグレクトになる原因の一つである「孤独による意欲の低下」を防ぐことが大切です。
セルフネグレクトは、友人・家族・地域からの孤立や家族との離別や死別が原因となる孤独により生命維持を含むすべての意欲がなくなってしまいます。
ですから、可能な限り身寄りがあれば一人で生活をすることがないようにさせることが大切です。
しかし、現代ではなかなかそれが出来ないのも事実ですよね。
ですから、家族で離れて暮らしていたとしても頻繁に連絡したり、実際に家を訪れてコミュニケーションを取り孤独ではないという事を認識させることが予防法になるのです。
そうすることで、離れた家族も家の状況や本人の変化に気づくことが出来ますので、仮にセルフネグレクトの兆候が表れていたとしても早めに対処ができるはずです。
 
また、認知症やアルコール依存症の方もセルフネグレクトになりやすい方と言って良いでしょう。
それらの病気を持っている家族や友人が一人で生活をしている場合、自己管理が出来なくなるケースが多くセルフネグレクトになってしまう事も少なくありません。
ですから、こちらに関しても家族や友人がこまめにコミュニケーションを取り、孤独を感じさせないことが大切です。
また、治療を拒否している場合は説得して病院で治療を受けさせるようにしましょう。
勇気を出して治療をすれば、セルフネグレクトを初めてとしたほかの病気にかかるリスクは少なくなります。
早期発見・早期治療です。
アルコール依存症が原因となるセルフネグレクトは高齢者以外にも家族と同居している若者にも起こり得ることです。
若くしてセルフネグレクトになれば、働き盛りの時期も無駄にしてしまいます。
兆候が感じられたら周りの人が早めに対処をし、本人をセルフネグレクトの恐怖から救ってあげることが大切です。
 
さいごに
 
今回は、セルフネグレクトについてお話させていただきました。
孤独死やゴミ屋敷を作り上げてしまう大きな原因と言われているセルフネグレクト。ただゴミ屋敷になっているだけではなく、精神疾患とも呼べる状態になっているとすれば早期治療が必須となります。
本人ではどうしようもないこともあります。周囲の人の協力が必ず必要となってきます。
もし、現在ゴミ屋敷に住んでいるという方でセルフネグレクトを疑われる方は、まずゴミの片づけから始めませんか?
家の中のゴミを片付けることで気持ちも見える景色も大きく変わってくるはずです!
 

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します
ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます

 

Dcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しております。

 
 
簡単ホームページ作成