ゴミ・部屋の片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

高齢者の家がゴミ屋敷になってしまいがちな理由とその対策
 
自分の家がゴミ屋敷になってしまう人は、精神的なストレスがある人・忙しくて毎日の生活に余裕がない人・精神障害を持っている人などが挙げられますが、「高齢者」がゴミ屋敷を作ってしまうというケースも少なくありません。
そこで今回は、高齢者の家がゴミ屋敷になってしまいがちな理由とその対策についてお話させていただきたいと思います。
 
高齢者の家がゴミ屋敷になりやすい理由
 
高齢者の家がゴミ屋敷になりやすい理由としては、体力的な問題があるからと言えます。
高齢者が一人暮らしをするという環境は楽なものではないでしょう。
当然、炊事・洗濯・掃除などは体力を使いますし高齢者の方がこなすには難しいかもしれませんね。
それに加えて、何かしらの病気や障害を持っていればなおさら日々の生活が苦しく、ゴミ屋敷になってしまう可能性は高いと言えます。
食材を買い、自炊をし、食器を片付ける。そして出たゴミを集め、回収場所にまでもっていくとなると高齢者には大変であることは明らかですよね。
だんだんとその行動、日々の生活が億劫になっていき全てが面倒になってしまうという方も少なくありません。
それ以外にも、足が不自由であればすべての行動が制限され誰かの助けが必要となるでしょう。
しかし、現実には同居してくれる家族もなく一人で懸命に生きている高齢者の方も少なくありません。
そうした人々が日々の生活に疲れ、ゴミ屋敷を作り上げているケースが多くなってきています。
 
高齢者の家がゴミ屋敷にならないようにするためには
 
それでは、高齢者の方の家がゴミ屋敷にならないためにはどのような事に気をつければよいのでしょうか?
高齢者の方は特に体力的な面で他人の助けが必要になる場合が多くあります。
ですから、家族の助けや様々なサービスを利用することがゴミ屋敷を防ぐことにつながると言えるでしょう。
まず、家族がいて別居している場合ですがその家族とこまめに連絡を取り合うべきです。
なにも用事がなくても1日1回、もしくは1週間に1回でも良いと思います。
連絡を取り合うことで自分の状況を家族に伝えることもできますし、家族からしても高齢者の方の変化に気づくことが出来るきっかけとなるはずです。
習慣づけることによりアルツハイマーの予防にも効果が期待できそうですしね。
高齢者の方にどうしても付きまとう心配がアルツハイマーではないでしょうか?
アルツハイマーになってしまうと体力的に衰えてきているうえに、精神的にもかなりの負担がかかってしまいます。
ですから、その辺りの変化を見てもらうためにも家族とのこまめな連絡は必要不可欠です。
 
連絡を取る家族がいないという場合、もし外に出る体力があるのならば外に出ましょう。
そして公園を散歩するのも良いですし、自分の好きなことをする時間を作ってみましょう。
そうすることで周辺の住民と触れ合う機会が増え、アルツハイマー予防や精神的ストレスの解消につながります。
そこで友人が出来ればなお良いですね。
自分の部屋に人を入れたり、様子を見に来てくれることで日々の生活をしっかりとしなければならないと思うはずです。
それがゴミ屋敷の予防につながるというわけです。
 
外出が困難な場合は、訪問介護などのサービスを利用してみても良いかもしれません。
こちらについても、先ほどと同じ理由でアルツハイマー予防・ストレス発散により日々の生活に活気を取り戻すことが出来るかもしれません。
人と接することにより元気を取り戻したり、自宅に人を入れることで室内の環境を整えなければならないとの思いが戻ってくるでしょう。
とにかく孤独にならないことが肝心です。
高齢者の方が孤独死されていたというニュースを見ると本当に心が痛みますから。
ゴミ屋敷のような環境でなくなっていたのであればなおさらです。
 
高齢者の方は若い人に比べるとどうしても自分だけの力で日々の生活を送ることは困難になってきてしまいます。
ですから、周りの人もおせっかいとは思わずに積極的に高齢者の一人暮らしの方を気にかけてみませんか?
反対に、高齢者の方ももっと他の人や様々なサービスを頼ってみませんか?
そうすることで異変に気付いてもらったり、意識が変わることでゴミ屋敷になることを予防することが出来るはずです。
他人や家族となるべく多く接する事が高齢者がゴミ屋敷を作ることを防ぐ最善策であると言えるでしょう。
 
さいごに
 
今回は、高齢者の家がゴミ屋敷になってしまいがちな理由とその対策についてお話させていただきました。
今の日本の状況からも、家族と最後までずっと同じ家で暮らしていくというケースは少なくなってきています。
しかし、いくら離れているからと言っても大切な家族には違いありません。
大切な家族がゴミ屋敷の中で孤独死などすることがないように気を付けていきたいものですね。
もし、高齢者で一人暮らしをしており、ゴミ屋敷になってしまっている方やこれ以上環境を悪くしたくないとお悩みの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください!
 

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します
ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
 
 
簡単ホームページ作成