ゴミ・部屋の片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

ゴミ屋敷に発生するハエの特徴やそのリスク
 
生ゴミや食べ残しにどこからとも無く集まってくるハエ。周りを飛び回っていると非常に鬱陶しいですよね。
しかし、ハエは鬱陶しいだけでは無く意外なリスクも秘めているのです。
そこで今回は、ゴミ屋敷に発生するハエの特徴やそのリスクについて詳しくお話しさせていただきたいと思います。
 
ハエの特徴と習性
 
普段の生活からよく目にするハエ。意外にその特徴や修正について理解している人は少ないのではないでしょうか?
そもそもハエは、日本国内に3000種類も生息していると言われており非常に身近な虫と言えますよね。
ハエは卵からかえると約2週間もの早さで成虫になってしまいます。
生息場所へ直接卵を生みつけ、気温が高ければ成長スピードも速くなる傾向にあります。ですから、夏場にハエは多くみられるというわけですね。
ハエは繁殖するためにはタンパク源が必要になります。
そのタンパク源を動物の死骸や排泄物、腐った食べ物などから摂取していると言われています。
これらの中には病原菌やウイルスが繁殖している可能性が高く、それをハエが運んでしまうことが考えられます。
これがハエの持つ危険要素と言えます。
 
ハエが持つリスク
 
それでは、家の中にハエが発生することでどのようなリスクがあるかをお話しさせていただきます。
 
ハエは、様々な病原菌・ウイルスを撒き散らす危険な存在です。
先ほども申し上げましたが、ハエがタンパク源を摂取するものの多くには病原菌やウイルスが発生している可能性があります。
それをハエが媒介してしまうのです。
ウイルスや寄生虫などの卵を体につけたままあなたの家の中に入り込んでいるかもしれませんよね?
また、私たちが食べるものに体液をつけたり排泄したりすることでウイルスや病原菌が人間へと渡ってしまうことも考えられます。
ただ飛んでいるだけでは無く、ハエは様々な恐ろしいものを運んでいるという認識を持つ必要があるのです。
病原性大腸菌O−157や鳥インフルエンザなどもハエを通じて媒介されたとの報告もあり、ハエの恐ろしさをご理解いただけるかと思います。
その他には、サルモネラ菌・大腸菌・赤痢菌・腸炎菌などの感染症を媒介するという研究がされてきました。
 
ハエの発生原因と対策
 
ハエは腐敗した食品や匂いの強いものを好む種類が多く、キッチンなどはよくハエが発生してしまう場所と言えます。
うっかり食品を出しっぱなしにしてしまっていると、直接卵を生みつけられてしまう危険性があります。
また、トイレもハエが好む場所の一つとして挙げられますね。
ハエは排泄物からもタンパク源を摂取しています。ですから、不衛生な環境のトイレなどはハエがよく発生してしまうのです。
特に夏場は匂いが強くなりやすいためハエが多く発生しやすいと言われています。
人間に限らず、ペットのトイレ環境も不衛生であればなおさらハエが発生しやすくなってしまいます。
ペットを飼っている家は排泄物や残飯の処理も気をつけなければいけませんね。
生ゴミにもハエは発生します。
生ゴミもハエの餌となるものが多く、ハエが卵を生みつけやすい環境であると言えます。
夏場は特に大量発生の危険性があるため要注意ですね。
 
私たちの家の中には必ずといって良いほどハエが発生しやすい環境は存在してしまいます。ですから、有効な対策を施しハエを少しでも発生させないための工夫をしていきましょう。
 
まず、家の外からハエが侵入しないようにするためには家の外にゴミを放置しないようにしましょう。もちろん、家の中にもです。
家の周辺にハエを寄せ付けないことこそが最大の予防法と呼べます。
他には、網戸などを活用し家の中の湿気を逃してやることも有効ですね。
そして、家の中で多くは絵を見かける場所である台所での対策です。
台所での対策は食品の管理をきちんとすることが大切です。
肉や魚を出しっぱなしにしてしまっていればすぐにでもたくさんのハエが集まってきてしまうでしょう。
他にも調味料などは密閉し匂いを出さないようにしなければいけません。
シンクも清潔を保ち、洗い物は溜めずにこまめに洗っておきましょう。
とにかく台所はハエの餌となるものが多く、しっかりとした対策が必要となります。清潔な環境を心がけハエを見かけることがないようにしたいですね。
 
これらの対策や発生原因から考えると、ゴミ屋敷は非常にハエが好む環境であると言えます。
たくさんの生ゴミや食べ残しに集まるハエが危険なウイルスや病原菌を持っていたらどうしますか?
あなたは毎日危険と隣り合わせの生活を送っていると言っていいのではないでしょうか?
ただ鬱陶しいだけでは無く、ハエは危険なウイルスや病原菌を運んでしまう存在であることを認識し、ハエが住みにくい環境を作ることがあなたの命を守ることにつながると言えます。
 
さいごに
 
今回は、ゴミ屋敷に発生するハエの特徴やそのリスクについてお話しさせていただきました。
ゴミ屋敷はハエが好む環境であり、命を守るためには一刻も早く改善する必要があります。
小さなハエだからと言って侮ってはいけません。
もしかしたら命を落とす危険もあるのです。
ですから、その発生源となるゴミ屋敷のような環境を勇気を持って改善してみませんか?
ご自分ではどうしようもない状況で諦めてしまっている方もご安心ください!
 

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します
ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
 
 
簡単ホームページ作成