ゴミ屋敷片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
 編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

ゴミ屋敷とゴキブリの関係性と受任に与える様々なリスク
 ーーーゴキブリ公害を防ごう
 
ゴミ屋敷には様々な問題があります。これは、別の記事でもお話しさせていただきましたね。
そこで今回は、ゴミ屋敷とゴキブリの関係性について焦点を当てていきたいと思います。
ゴキブリが好きな人ってなかなかいませんよね?
まさに誰もが思い浮かべる深い害虫の代表とも言えるでしょう。
そのゴキブリが人間に与える数々の悪影響についてご紹介していきますね。
 
ゴキブリの特徴
 
そもそも、ゴキブリは4000種類もいるということをご存知でしょうか?
その中でも、約60種類が日本に生息しています。
その60種類のなかで、害虫駆除の対象になっているものが6種類。
ゴキブリは雑食性であり、基本的に不潔な環境を好みます。
また、ゴキブリは夜行性で、暗くて狭い場所を好無性質を持っています。
人気がなくなった頃に行動が活発になり、さらには単独では無く集団で行動する性質があります。
家で1匹のゴキブリを見かけたらその1匹だけではなく、たくさん潜んでいる可能性があると言われるのはこのためです。
いかにゴミ屋敷がゴキブリにとって住みやすい環境であるかがお分かりいただけたでしょうか?
 
また、ゴキブリは生命力が非常に強いという特徴もあります。
種類によっては、水だけで40日以上。飲まず食わずで1ヶ月以上生きたという記録もあるのです。
ゴキブリはどのような環境でも生き延びることができる性質を持っているのに、ゴミ屋敷のような場所であればさらに成長を早めてしまう可能性すらありますよね。
 
 
ゴキブリが及ぼす様々な害
 
それでは、実際にゴキブリは私たちにどのような害を与えるのでしょうか?
まず、1番深刻な害としてあげられるのが病原性細菌をバラまいてしまうことですね。
ゴキブリは体に付着したサルモネラ菌などの細菌性病原体を媒介したり、糞中の中で数年間もサルモネラ菌を生存させることができてしまうのです。
人間にとって有害であるサルモネラ菌を付着させたゴキブリが家の中を所構わず動き回っていると考えただけで恐ろしくなりませんか?
また、ゴキブリにアレルギー反応を起こしてしまう人もいるので注意が必要です。
ハウスダストアレルギーを持っている方は、ゴキブリでもアレルギー反応を起こしてしまう危険性があります。
 
さらには、ゴキブリはその見た目だけで人間を不快にさせます。突然の出現や動き、不潔感などを嫌う方は少なくありません。
そんな不快な害虫であるゴキブリが家の中に潜んでいると考えたら夜もゆっくり眠ることはできませんよね。
かなりのストレスを感じてしまうのではないでしょうか?
 
その他には、ゴキブリが狭いところを好むという性質から冷蔵庫やテレビなどの電化製品に入り込んでしまいショートしてしまうということがあります。
ショート程度ならまだ良いですが、最悪の場合火災になってしまうことも。
当然電化製品は買い替えなくてはいけませんから、経済的に大きな損失となってしまいますよね。
 
ゴキブリが入ってこないようにするためには
 
それでは、ゴキブリが家の中に入ってこないようにするためにはどのような工夫が必要になるのでしょうか?
 
    生ゴミや食べ残しの処理
 
まずは、今更申し上げるまでもないのかもしれませんが、ゴキブリは生ゴミや食べ残しを放置しておくとそれがゴキブリの餌になってしまいます。
ゴキブリに限らず、様々な外注の餌になってしまう可能性があるので生ゴミ・食べ残しの処理には十分注意するようにしてください。
 
    部屋の物陰や狭い場所の掃除
 
ゴキブリは狭い場所や暗い場所を好む性質があります。
ですから、物陰や家具の下などはよく掃除した方が良いですね。特に冷蔵庫の下やコンロの下はゴキブリが潜んでいる可能性が高い場所ですから、こまめに掃除して清潔を心がけましょう。
 
この2つがゴキブリが入ってこないために必要な対策として挙げられます。
どうでしょう?自分の家がゴミ屋敷のような環境の方は「ウッ」と思ったのではないでしょうか?
ゴミ屋敷になっている人はこれらの対策は全くできていませんよね。
つまり、あなたの家がゴミ屋敷であれば自らゴキブリを呼び込んでいるといっても過言ではありません。
ゴミ屋敷であることはゴキブリが媒介するサルモネラ菌などで自分の命を危険に晒しているといっても良いですよね。
ですから、一刻も早くゴミ屋敷という劣悪な環境を改善しなければいけないのです。
 
さいごに
 
今回は、ゴミ屋敷とゴキブリの関係性についてお話しさせていただきました。
ゴミ屋敷であることは、危険な細菌を媒介するゴキブリにとって最高の環境となっていることは間違いありません。
ですから、ご自分や大切な家族・周辺住民の方の健やかな生活を守るためにもゴミ屋敷という環境を改善しなければいけないとは思いませんか?
しかし、自分ではもうどうしようもないという方や周辺の人も目が気になるという方も多いでしょう。
ご安心ください。同じような悩みを持っている方は全国にいます。あなただけではありません。
一度、勇気を出して相談してみませんか?
 

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します
ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます

 

Dcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しております。

 
 
簡単ホームページ作成