ゴミ屋敷片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
 編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

 

やっかいなゴミ屋敷のキッチンのお掃除仕方
 
ゴミ屋敷で、一番厄介なのが、キッチンの片付けと掃除です。昔、慣れないで大変でしたが、今は、慣れたので、さほど手間もかかりません。それでは、キッチンの片付けとお掃除の仕方を解説しましょう。

ゴミ屋敷のキッチンの多くは、シンクに食器や鍋が食べたまま、投げ込んでいます。そのため排水も詰まっていることが多いので、水も排水のゴミを取り除かないと、水は使えません。また、シンクの中は、腐敗物が付着した食器類であふれていますが、そのままでは、水も使えません。
 
さて、シンクの片付けは、シンク周りの物を片付けてすっきりさせます。処分するものは、ゴミ袋に、処分したい調味料などは、そのままでは、処分できませんので、邪魔にならないところに、置きます。
 
次には、シンクの中の腐敗物が付着した食器類は、作業に邪魔にならない場所を確保してゴミ袋を敷き、そこに仮置きします。

食器類を出し終えたら、次には、シンクにたまっている生ごみを掻き出します。詰まっていた排水溝のゴミも掻き出します。
排水溝のゴミを掻き出せは、ほとんどつまりは取れて、水は正常に流れます。

さて、シンクが使えるようになれば、一旦、シンクの中とシンク周りをキッチンハイターなどでちょっと固いスポンジを使って掃除をします。

 
もし、シンクが詰まっていて、汚水が溜まっていたら、まず、排水溝を長い棒で、かき回してみてください。それでもダメな場合は、シンクの汚水をバケツなどへ移し替えます。汚水がある程度なくなって排水口が見えたら、ゴミをよく掻き出してください。そこまでして排水が貫通しないことは、今までありませんが、もしだめなら、工事業者を呼ぶ必要があります。ただ、つまりは、シンク下の配管を開けて、ゴミを取り除くように作られていますので、大工事には、なりません。
ですが、下の配管を開けゴミを取り除く場合でも、シンクに水があると、工事ができません。シンクの汚水は、取り除く必要があります。
 
排水が使えるようになったら、次は、腐敗物が付着した鍋釜、食器を一枚一枚洗います。食器類を使わないなら、そのままでもよいですが、腐敗物が付着したままだと、捨てるにも見た目もよくありませんから。
 
食器を洗うには、洗剤を使わずにスポンジで簡単に落とせますが、シンクに水をためハイターを入れて付け置きするときれいに簡単に落ちます。

 
また、包丁やまな板、湯飲みなど使いたい場合は、ハイターを説明通り希釈して付け置きするときれいに落ちますし、ハイターは、塩素系の殺菌効果がありますから私たちもよく使います。
 
次は、最初にシンク周りの食器や調味料を仮置きしましたので、こちらを片付けましょう。食器など使いたいものは、先ほどと同じように、ハイターで付け置きしてから、洗います。古い調味料や食べ残しが入った食器は、食べ残しをスプーンか何かで、除き洗います。
最後に廃棄したい調味料は、中身を流し、ボトルの中を簡単にすすぎます。
 
廃棄したいものを一通り、可燃物・不燃物に仕分けし袋に入れたら、シンク周りをハイターでふき取ります。

結構時間割もかかりますが、終われば、すっきり、気持ちもよいものですよ。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます

 

Dcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しております。

 
 
簡単ホームページ作成