ゴミ・部屋の片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

実家のゴミ屋敷防止対策とは
ーーー実家がゴミ屋敷にならないために気をつけたいこと
 
これまで自宅がゴミ屋敷であるケースについて多くお話させていただきましたが、実家がゴミ屋敷であるというケースについても触れさせていただきたいと思います。
あなたが実家を離れ、遠くに暮らしている場合であれば実家の様子を伺い知ることは簡単なことではないはずです。
実家にあなたの両親や祖父母など、複数の人が住んでいればゴミ屋敷になるリスクは低いです。
しかし、高齢者が一人で住んでいるという場合や障害を持っている方だけで住んでいるケースなどはゴミ屋敷につながるリスクは比較的高いと言えるでしょう。
ですから、遠く離れた場所で暮らしているからこそこまめに実家の様子を知ることはゴミ屋敷を防ぐうえで大切なポイントと言えます。
そこで今回は、実家がゴミ屋敷にならないために気をつけたいこととゴミ屋敷になってしまった場合のリスクについてお話させていただきたいと思います。
 
遠く離れた実家がゴミ屋敷にならないためには
 
気軽に実家の様子を知ることが出来ないほど遠くに離れて暮らしているという場合は、まずこまめに連絡を取り変化がないかを確認しましょう。
直接、「ごみの処理はしているか?」「不要なものは捨てているか?」と確認するのも良いでしょうし、「何か困っていることはないか?」など間接的に聞くことも有効です。
特に、高齢の方が実家にいる場合はアルツハイマーの症状がないかを確認することをオススメします。
何気ない会話でも話がかみ合わなかったり、同じ話を何度も繰り返してくるようならば要注意ですね。
普段の生活に影響が出ていることも否定できません。
アルツハイマーや心の病などは、ゴミ屋敷と深い関係があると言われています。
アルツハイマーであれば、ゴミを出す日を忘れてしまいだし忘れたゴミがどんどん溜まっていってしまいますし、身の回りのこともできなくなってしまいますからね。
鬱病などの心の病になってしまっていれば、「外に出たくない」「なにもしたくない」という気持ちになり家の掃除や洗濯、ゴミ出しなどもしなくなり不衛生な環境へと進んでいってしまうかもしれません。
これらの病気になっていないか。もしくはその兆候がないかを電話で頻繁に確認するべきです。
そこで少し様子が変であれば、実家へと出向き家の中を確認するべきでしょう。
この確認の電話こそが遠く離れた実家がゴミ屋敷にならないための有効な予防法と言っても過言ではありません。
 
その他にも、現在は高齢者の方でもスマホを持っている方も少なくありません。
あらかじめカメラの使い方を教えておき、定期的に実家の様子を写真で送ってもらう事も効果的です。
 
もし遠く離れた実家がゴミ屋敷になっていた場合
 
残念なことに、実家がゴミ屋敷になっていた場合にはどのような大変なことが待っているのでしょうか?
まず考えられるのが、大切な家族の健康状態が悪化していることです。
ゴミ屋敷の生活は心身ともに大きな負担がかかっているはずです。
悪臭の中での生活では心も体も休まることはないでしょうし、夏場になればなおさら環境は悪くなるでしょう。
それでも、実家に住む家族が身体的・精神的な病気を持っていればゴミ屋敷化に歯止めをかけることは難しいのではないでしょうか?
最悪の場合ゴミ屋敷で孤独死する可能性だってゼロではありませんよね。
そうした事態にならないためにも、先ほどお話させて頂いたとおりこまめに連絡を取り合う事が大切です。
 
また、実家に住んでいた家族が亡くなって初めてゴミ屋敷であることが発覚するケースも少なくありません。
このタイミングでの発覚は、相当な量のゴミをため込んでいるケースが多いです。
よって、そのゴミの撤去費用はかなりの高額になってしまうことも考えられます。
経済的負担があなたに重くのしかかってくるというわけですね。
それに、今まで近隣住民に悪臭などで迷惑をかけていた場合はそれなりの対応をしなければならないはずです。
近所にあいさつに回ったりすることも考えなくてはいけません。
何度も繰り返し申し上げますが、遠く離れている実家がゴミ屋敷になっていないか頻繁に確認空いておくことに越したことはありません。
手に負えない状況になってから発覚することが一番負担が大きいですからね。
実家に住んでいた家族の後始末をしなければいけないのはあなたです。
後々、経済的にも精神的にも苦しい思いをしたくないのであれば、実家の様子をこまめにチェックしゴミ屋敷y房に努めることが大切です。
 
さいごに
 
今回は、実家がゴミ屋敷にならないために気をつけたいこととゴミ屋敷になってしまった場合のリスクについてお話させていただきました。
 

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します
ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
 
 
簡単ホームページ作成