ゴミ・部屋の片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

ゴミ屋敷にならないための6つの法則

-----ゴミを部屋にためないための実践ノウハウ


片付け上手な方は、ゴミ屋敷になりませんね。一方、
片付け下手は、たくさんいます。片付け下手で不精な性格の方は、部屋がゴミ屋敷になりやすい。でも片付け下手の方が、すべてゴミ屋敷に住んでいるということでは、ありません。それは、ゴミを捨てているからですね。

ゴミ屋敷にならない6つの方法をご紹介しますので、是非実践してください。

 

 

ゴミが溜まっても、面倒で混載して袋に入れないこと

部屋にゴミが目立ち、片付けて部屋を掃除するとき、急な来客があるので、ゴミを片付けるとき、絶対にやっては、いけないことがあります。

あなたの役所のゴミ出しルールに従わない、ごちゃまぜでゴミ袋に入れないことです。袋に入れるときは、皆さん、あとで分別して捨てようと思って詰めてしまいます。しかし、一旦詰めてしまった混載のゴミ袋を捨てるために開けて、もう一度きちんと再分別して捨てる人は、ほとんどいません。これは、非常に心理的な負担を強く感じるのでしょう。

ゴミ置き場に出せないゴミが溜まれば、ゴミ屋敷一歩ですから、絶対やめましょう。

 

 

ゴミの上を踏んで歩くことはしないこと

玄関ポストには、郵便物と嫌になるほどチラシが入ります。ホストから出したゴミ、読んで用のないコミックなど、通路や寝室の床に放置したり、下着や洋服も脱ぎ捨てて、そのまま放置しておくと、通路や床に散らかります。それがいつの間に、生活導線まで広がると、チラシ、コミック、洋服、コンビニ弁当空などの上を歩くことになります。ゴミの上を歩くことに抵抗がなくなれば、ゴミ屋敷の第一歩を踏み出した証です。ゴミの上を歩く言葉、絶対にやめましょう。

 

 雨戸を閉めたままにしない
ゴミ屋敷の住人は、雨戸をあけることがありません。
その一つにゴミが積まれて雨戸があけにくいこともありますが、開けると他人から部屋の様子が分かってしまうと思いそれが嫌なのかもしれません。また、精神的に自分の城に入り、外部と遮断したいのかもしれません。しかし、休みの日には、雨戸をあけて、天気が良ければ、部屋の窓を開けましょう。部屋に風を入れることで、カビの発生を防ぐことができます。また、太陽光で害虫の発生も防ぐことができ、健康に良いことです。また、雨戸をあけ、カーテンを閉めていれば、部屋の中は、ほとんど外から見えません。しかし、雨戸をあけることで、外部との接触があるようで、見られている感じで、ゴミを溜めることに抵抗が生まれます。週に一度くらいは、雨戸をあけるという習慣を身に付けましょう。

 

 

捨てることに不安を持たない

部屋には、捨てたくないものたくさんありますよね。また、失くしたら困るものもたくさんありますね。なくしやすいものに、パスポート、通帳、印鑑、健康保険証、年金手帳、生命保険証書など、など。捨ててしまったら、大変、ゴミの中にあるので、捨てて失くしてしまうのが心配と思って、ゴミを片付けない人もいます。でも、紛失して困るものは、一つもありません。すべて、紛失しても再発行という救済措置があります。再発行ができないといわれる不動産の権利書も紛失しても救済措置があります。売買するときに、権利書の代わりに保証書を作り、登記に使います。このように大切な物といっても無くなって困るものは一つもないわけですから、ゴミを思い切って捨てることができないとゴミ屋敷になります。

 

 

ゴミ捨ての習慣を身に付ける

部屋で生活する限りゴミは、ゴミは発生します。ゴミを定期的に捨てていかない限りゴミはたまり、ゴミ屋敷になります。ゴミ屋敷にならないためには、ゴミを捨てること、そのためには、可燃ゴミ・不燃ごみ・プラスチックゴミ・ペットボトルゴミ・資源ごみというように仕分けをして、指定の日時にゴミ置き場に出さなくては、部屋にゴミが溜まり、ゴミ屋敷になります。そうといっても、忙しい方にとっては、ゴミ捨ての日にちも頭に入っていないことも多いようです。そこで、最近各市区町村では、ゴミカレというサービスを導入しているところも多くみられます。こちらに登録すると前日にメールでゴミ出しの通知をしていただけます。ゴミは、日々部屋にたまるので、ゴミ捨ての習慣がない方は、ゴミ屋敷の住人になることは、

間違いありません。

 

 

片付け下手のゴミの片付け方

そもそも、ゴミ屋敷にならない方は、片付け上手です。食事を終えれば汚れものは、その日のうちにきれいに洗い、食器など収納します。生ごみもきちんと処理し、台所は、常に正接に保たれています。服は、所定の場所に収納し、使い終わった後にすぐ収納します。このように片付け上手の人は、豆に、使った後は、その都度、所定の場所に収納するのです。しかし、これを身に付けるには、なかなか困難で難す。不精な方は、1間ごと片付ける。気になったらゴミを思い切って捨てる。いつもは、散らかっていても、都度行わなくても気になったら、ゴミを捨てれば、ゴミ屋敷になりません。

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します
ミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
 
 
簡単ホームページ作成