ゴミ屋敷片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
 編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

ゴミ屋敷になるのは、やはり単身者が多いです。
------原因や解決する方法を解説

日本の社会問題のひとつであるゴミ屋敷問題。仕事の事情や精神的な問題などによって起きるので、誰にでも起こりうる問題です。しかし、ゴミ屋敷になるのは単身者が多い傾向があります。なぜゴミ屋敷が単身者に多いのでしょうか?


今回は、単身者に多いゴミ屋敷について、原因や解決する方法などを詳しくご紹介します。ゴミ屋敷や部屋の片付けで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。


ゴミ屋敷は単身者に多い

ゴミ屋敷になるのは、どのような人が多いと思いますか?必要なものやゴミの量が多い家族世帯、掃除が思うようにできない高齢夫婦世帯などを思い浮かべるでしょう。実は、ゴミ屋敷にしてしまうのは単身者が多いのです。


一人で住んでいるからこそ、掃除の時間が取れなかったり、片付けに無頓着になったりして、部屋にどんどんゴミがたまっていってしまいます。自分自身で問題に気づくことができないと、部屋の状態は悪化してしまうでしょう。ゴミが溢れることによって、本人・周囲の様々な悪影響を与えるので、早めの対処が求められます。


単身者にゴミ屋敷が多い3つの原因

なぜ単身者にゴミ屋敷が多いのでしょうか?一人暮らしでは、自分以外に生活する人がいないので、使える時間や生活の仕方次第でゴミがたまりやすいと言えます。主な原因を3つチェックしていきましょう。


仕事が忙しく片付ける時間がない

仕事が忙しくプライベートな時間をとれないと、片付けをすることができないでしょう。他の人と住んでいれば悪化する前に片付けられますが、一人だと状況に気づくまで時間がかかることもあります。多忙のあまり、ゴミだしができなかったり、生活に気が回らなくなったりすると、ゴミ屋敷になりやすいです。


ものを捨てられずにためてしまう

ものをなかなか捨てられないといった性格的な問題もあります。単身だとものの多さを指摘する人がいないので、ものを買ってはためてを繰り返し、部屋がゴミで溢れかえってしまいます。ものの多さが気にならないといった掃除・片付けに無頓着な人もゴミ屋敷になる傾向があります。


自炊をしていないとゴミが出やすい

コンビニで買える食材やインスタント食品はこれまでよりも充実しています。自炊をしなくても十分な食事ができるので、自炊が面倒な単身者の方はコンビニ弁当やインスタントで済ませることも多いでしょう。自炊に比べると容器や割り箸などゴミが出やすく、部屋にゴミがたまる原因になりやすいです。


ゴミ屋敷が本人・周囲に与える影響

単身で暮らしていると、掃除する時間が取れなかったり、片付けが億劫になったりして、ゴミ屋敷になりやすいです。ゴミ屋敷の状態をそのままにしてしまうと、本人はもちろん、周囲にも悪影響があります。覚えておきたい4つの影響をご紹介します。


健康面と精神面に悪影響が出る

ゴミで溢れた環境は、身体と心の両方に影響を与えます。たまったほこりによるハウスダストでアレルギーを発症するおそれがあります。空気が悪く散らかった部屋は、心にも影響が大きいです。ストレスがたまり、さらに健康・精神に負担をかけてしまうでしょう。


ゴミが崩れてケガをするかもしれない

ゴミの量が多く高く積み上がっていると、何かの拍子で崩れてくるおそれがあります。固いものや鋭利なものでケガをしたり、ゴミの下敷きになったりする可能性があり、大変危険です。もし身動きがとれなくなってしまっても、単身だと助けを呼ぶことが難しく、最悪の場合命を落とす場合もあります。


悪臭や害虫がきっかけで近所トラブルが起きる

不衛生になりがちなゴミ屋敷は、悪臭や害虫・害獣が発生しやすい環境です。暮らしている本人はもちろん、近所に迷惑をかけてしまいます。近所との関係悪化や解決に時間・手間がかかるなどによって、心も身体も疲弊してしまうでしょう。


火災が起きる可能性が高まる

ゴミがあふれてコンセント付近にもほこりがたまると、発火するおそれがあります。ゴミが火元になり、火災を起こす可能性に注意が必要です。自宅で燃えることはもちろん、近隣住宅に火が燃え移ることも考えられます。


単身者がゴミ屋敷を解決する方法

ゴミ屋敷になると本人・周囲に悪影響が多いので、なるべく早い対処が必要になります。一人で掃除するのが難しい場合は、周りの人に手伝ってもらったり、回収業者に依頼したりするのがおすすめです。主な3つの解決方法を参考に片付けを始めてみましょう。


できる部分から片付けを始める

一人で片付けしなければならないときは、一気に片付けようとせず、できる部分から掃除を始めましょう。明らかなゴミを片付ける、不用品を仕分ける、使っていない家具・家電を処分するといった片付けを、何回かに分けて行っていきます。片付けが住んだら掃除に移るなど、ステップごとにできる部分から着実に片付けていきましょう。


家族や友人に協力してもらう

一人で掃除するのが難しいときは、家族や友人に協力してもらいましょう。ゴミの分別や不用品の仕分けなどがスムーズにできるようになります。一人よりも短時間で片付けが終わり、早めに原状復帰できるでしょう。


片付け業者に依頼する</h3>

協力してくれる人や時間を確保できないときは、片付け業者に依頼するのがおすすめです。ゴミの処分や運搬、掃除などを任せられるので、確実にゴミ屋敷問題を解決できるでしょう。


周りの人に頼んだり、業者に依頼したりするのが不安。そんなときは

「ゴミ屋敷を解決したいけれど、こんな状態の部屋を見られたくない」という一人暮らしの方も多いでしょう。恥ずかしさや費用などの悩みもあるかもしれません

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します
ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。

ゴミ片付け後のお掃除もお任せください
通常のお客さまがお部屋を使っていた場合は、ゴミを片付けた後は、掃き掃除と軽い水拭き程度の簡易清掃で退去のお掃除は、大丈夫ですが、長年ゴミをためてしまった場合では、退去の時に大家さんに恥ずかしくない、恥ずかしくない程度にお部屋を掃除して退去することが必要になります。このようなときには、当店では、市価の半分程度のオプション料金でしっかりお部屋の清掃を行っています。

お引越しも併せてご利用いただけます
処分するゴミが多い方やお忙しい方のお引越しに最適なプランです。単身者の場合では、ゴミや配達荷物の量などを勘案してスタッフ1名から2名でお伺いし、ゴミの片付けと引っ越し荷物の整理と引っ越し、お掃除も併せて一日で行います。また、2DK以上のゴミの片付けとお引越しは、数日間かけて、ゴミや不用品を片付けてお部屋にスペースを作り、引っ越し荷物を整理梱包する作業を繰り返し、お客さまに負担なくゴミの片付けと処分を行います。
 
立ち合い無しの作業もお任せください
当店では、お客さまが残していただくお品が明確である場合と、事前に残すものをわかるようにしていただくと、作業中のお立合いと確認は、不要です。お客さまが不在で作業を行う場合には、お客さまが指示ないものでも気になるものは、勝手に処分しないでお客さまの確認をいただいてから処分するように徹底しております。また、スタートのお立合いなしでも鍵のお手配をいただくとお見積りからゴミの片付けまで一連の作業も責任をもって行います。

当店は、24時営業で作業をお受けはています
お仕事でおい探しい方、遠方から片付けにお越しの方また、急な事情で、例えば、来客、転勤、建物の工事など、急ぎでゴミを片付けたいという方のために、24時間体制でお仕事のスケジュールを組んで対応いたします。作業は、24時間の対応可能ですが、常に深夜にお客さまのご依頼のためにスタッフが準備・常駐していることではありません。
深夜作業は、遅くても当日のお昼ごろまでにご依頼をいただき、そのうえでスタッフの人数とトラックを確保してスタンバイしますので、事前のご予約と内容の確認が必要になります。

家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます

 

Dcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しております。

 
 
簡単ホームページ作成