ゴミ屋敷片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
 編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

    
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757

実家がゴミ屋敷になっていた
――――、久しぶりに兄弟たちが実家に集まったら、
ゴミ屋敷だった

 歳をとると、体が思うように動かなく、若いころに比べて、家事も億劫になるものです。結構、炊事、洗濯から、部屋の掃除は、年寄りには、負担になり、ほっと置くと、台所の食器も洗わず、放置したまま、みそ汁は、鍋に残り腐りかけていた。シンクの下には、5年以上も古い調味料がきっしり詰め込まれている。とっくに賞味期限が切れた食品ばかりが残っていた。部屋は、生ごみが異臭を放ち、コバエやゴキブリが飛び回る。 そんな光景は、決して珍しくありません。
久しぶり、実家に帰った子供たちが、たまりかねて、捨てろ、捨てろと言っても、捨てさせないのが、お年寄り多くの光景です。なぜ、お年寄りは、捨てないのかと思うと、体が思うように動かなくり、買い物に行くのが不自由になったこと。買い物が不自由だから、手元に食べ物がないことに心理的不安があるのでしょう。
また、今後の生活にお金が心配で物を買ってお金が減るのが嫌なのかもしれませんね。
だから、お年寄りの多くは、ものを捨てない。

娘さんが「お母さん、これ賞味期限切れているから、捨てるわよ」といっても、まだ食べられるから捨てないでという。

そんな実家に帰ってみると部屋には、
足の踏み場もないほどの物や衣類がところ狭しにおかれて、部屋も自由に歩く道さえままならない。

あふれた物・古くなった食品をたくさん溜め込んでしまった家には、ゴキブリやネズミが大量に発生して不衛生な環境になってしまいます。
しかし、溜め込むお年よりは、なかなかものを思い切って捨てません。もちろん、ご本人の意思でもの・ゴミを捨てませんね。捨てないと、いろんな問題が起きますね。

家族が、親に何度も何度も捨てようといっても捨てないですね。結局捨てろと、捨てるなと繰り返すと、感情が高まり、険悪なムードになることも度々ですね 

娘さんが「お母さん、これ賞味期限切れているから、捨てるわよ」といっても、まだ食べられるから捨てないでという。

でも片づけないと、よい結果は、生まれません。粘り強く、説得してすっきりしたいものです。

病気や怪我を誘発する元になります
①ゴキブリ・ネズミの発生で不衛生な住まいで生活することで、病気を引き起こす原因にもなります。
②あふれている物で一杯ですと、つまずいたりして、怪我を誘発しやすくなります。

資産価値が大きく減少してしまいます
①自己所有の家ですと、ゴミを片づけないと売却できません。売却するのにゴミの片付けがかなりの費用がかかります。
ゴキブリやネズミの発生で建物が痛むため資産価値が大きく目減りすることがあります。

悪化した住環境で生活にも支障がおきます
①訪問診療の先生・訪問介護のヘルパーさんが部屋に入って治療・介護ができない
②介護ベッドなどを置くスペースが確保できない
③ヘルパーさんが、家事の手伝いができない

大量な物部屋・ゴミ部屋でお年寄りがお住まいは、このような弊害を起こしてしまいます。
しかし、捨てないお年寄りの物捨て・ゴミ捨ての説得は、とても大変です。

お身内がお近くにお住まいなら、
ちょくちょく通い整理・処分できますが、遠方にお住まいですと、そのようなことにもいきません。また、お近くでもお忙しいとなかなか手が回らないのが実情ですね。
 

今後の対策として

ゴミ出し支援制度を利用しましよう
体力の低下や関節疾患がある高齢者は、ゴミの指定日に重たいゴミ袋をかかえて、ゴミの集積場にもっていくことが大変です。また、地方にかかったお年寄りもゴミ出しの日を忘れたりとして、部屋にゴミがたまってしまいます。家族の方も毎週ゴミ捨てに出向くことも難しいケースが多いでしょう。また、介護ヘルパーさんも週に数回の訪問でゴミ捨てまで手が回らないケースも多く、お年寄りのゴミ出し問題は、深刻です。放置すると食品ゴミなどが大量に残り、異臭を放し近所トラブルも起きかねません。そこで、最近各自治体でゴミ出し困難者に対して「ゴミ出し支援制度」の導入が進んでいます。また、全国に普及している制度ではありませんが、自治体のゴミ収集員やボランティアの方が、玄関先まで取りに来るという制度です。ただ、一定の要件があります。要支援2以上で65歳以上の方、2級以上の障碍者手帳を持っている方などの条件があります。高齢者の負担を軽くし、ゴミ屋敷にならないようにするために支援は、必要です。ご相談は、自治体の廃棄物部局や地域包括センターです。

実家のゴミ屋敷片付け事例

板橋区の団地でお年寄りが一人で生活している部屋がゴミ屋敷でした。
昨年、夏に熱中症で緊急搬送されました。退院し、一人で生活していますが、体も弱くなり一人で炊事・洗濯などの日常の生活が困難になって、また、熱い夏が来て、何かあると大変ということで、介護認定を受けて、ヘルパーさんにお世話をお願いすることになりました。
ケアマネージャーが下見にお伺いすると。とても介護できる部屋ではなかったのです。団地の2DKですが、玄関開けると、入り口には、新聞やチラシの山で膝ほど固まっていて、ゴミの山を登るようにして部屋に入らなくては、いけません。部屋全体見ると通路が何とか加久保できている程度、不用品、明らかにゴミですが、積み上がり、部屋は埃だらけでした。物様子を見たケアマネージャーは、部屋を片付けていただけなければ、介護はできないと息子夫婦に放されたそうでした。
ご夫婦はそこで、休みのたびに実家に通って、片付けていました。しかし、玄関から通路のゴミを何とか、片付けて、また夏を迎えて、今年の夏を乗り越えられるかと、心配し、業者に頼むことにし、私たちに声がかかり、伺うことになりました。
現地下見は、息子さん夫婦とケアマネージャーさんの立ち合いで、ご予算の範囲で、どのように片付けるかということでした。すべてゴミを撤去すると、100万円ちかくになります。ご夫婦が用立てできるご予算は、40万円です。その範囲で、介護ができる部屋に仕上げなくてはいけません。必ず、きれいにしなくてはいけないところは、トイレ・風呂・台所と寝室です。最低限この部屋をきれいに仕上げる必要があります。作業は、土日の2日間、その2日は、ご夫婦が、ご夫婦が、部屋から連れ出して、片付けの邪魔をしないようにしていただきます。
こちらからプランをご提示し、一部屋は、手を付けないで片付けを行うことで、2日間スタッフを3名,計6名でトラック5台のゴミを片付けることになりました。

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します

ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。
家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます

 

Dcyは、一般社団法人家財整理センターが運営しております。

 
 
簡単ホームページ作成