ゴミ・部屋の片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 
編集室から今月のおすすめコラム
▶ゴミ屋敷で生活していた部屋の退去、原状回復費は、どうなる 
こちらか
▶ゴミ屋敷にならない6つの実践法則 こちらから
残される家族のために、ゴミ屋敷にしない方法  こちらから
▶セルフネグレクトとは?その予防法とゴミ屋敷との関係 こちらから

 

  
午後7時から深夜0時▶夜間専用:050-3134-4757
 

ゴミ屋敷の退去で支払う現状回復費

ーーーーいくらかかるかわからない、心配せずに前向きに解決しましょう

長年にわたって、部屋にゴミを溜めてお引越しを行うことになった、ゴミ屋敷の住人さんが、一番心配することは、ゴミを出して、退出の時の現状回復費用は、いったいいくら請求されるのだろうか、とても気になるところですね。
ゴミ屋敷にしないで普通な生活をしている方でも退室のチェックを受ける際は、ドキドキするものですよね。まして、部屋にゴミを大量に溜め込んだ、ゴミ屋敷にしてしまった方なら、請求は、気になって仕方がないはずです。

ゴミ屋敷でゴミを撤去すると、私たちから見て、何とか、ハウスクリーニングで解決する汚れもあります。こちらは、おおむね住んで、ゴミを溜めた年数が5年くらいです。5年くらいなら、床や建具・バスタブ・シンクなどの住宅設備に大きな損傷がないことが多く、お掃除で、きれいになることが多いです。

ただ、5年でも床に飲み物をこぼして放置している。少しならよいですが、あちこちとこぼしていいるケースや生ごみの食品が袋に入れずに、床について放置しているケース。また、ペットの糞尿の始末をしないで、部屋にそのままにしているケースなどは、5年でも床の張替え、壁のボード取り換えなど、大規模な原状回復工事が必要になるでしょう。

 でも、今更、元に戻れないことですから、一つ一つ、誠実に大家さんに、謝罪し、誠意を示すことが必要ですね。

賃貸人は、借りた住まいを常識の範囲で、注意して部屋を利用するということを善管注意といいます。この善管注意義務を違反すると、原状回復費用の請求理由になり、多額の金額の請求を受ける恐れがあります。

原状回復費用とは、賃貸借契約の解約時に「本来存在したはずの状態にまで部屋を戻すための費用」のことです。つまり、原状回復費用の精算を分かりやすくいうと、次の入居者を募集するために行う室内の清掃や補修費用を貸し主・借り主双方で負担するということです。

では、ゴミ屋敷にしてしまった場合の原状回復費用は、どうなるのでしょうか
ゴミ屋敷にしてしまうと明らかに善管注意義務違反にあたります。張替えが必要な床、クロス、取り換えが必要になったシンクなどの費用は、賃貸人が負担することになります。

では、工事代金全額を負担することになるか、というと決してそうではありません。
工事費用の全額の負担はありません
ゴミ屋敷にして部屋を汚した場合の原状回復費用は、かなりの高額になるケースが多いようです。
お掃除で落ちない場合は、取り換え工事になります。例えば、クロスの張替え、床の張替え、トイレや風呂の取り換え、流し台の取り換えなどが必要になると、おおむね150万円から300万円程度必要になります。しかし、これらの工事費用全額を賃貸人が負担する必要は、ありません。国土交通省の原状回復のガイドライン  こちらを参照 によれば、経年劣化を考慮します。例えば、クロスは、10年程度で耐用年数が終わります。10年たったクロスの張替えは、負担がないという考えです。5年で退去する場合は、張替え費用の20~50%程度の負担が必要となります。このように住居年数に応じて原状回復費用の負担が決まります。長年住んでいると負担費用が軽減される計算になります。


ただ、国土交通省のガイドラインには、強制力もありません。あくまでもガイドラインで、退去の原状回復はの負担割合は、このガイドラインで行いましょう。という指針にすぎません。また、不動産会社の担当者の中には、勉強不足の方いて、このガイドラインを知らない、理解できていないという方もいますので、注意しましょう、
納得できないときは、消費者センターで相談しましょう。
必ずしも、スムーズに解決できるとは限りません。そのためには、退去の時に室内の写真を撮っておきます。また、あわてず。冷静に交渉します。まず、原状回復費用の見積書を送っていただきましょう。できるなら、数社から見積書を取り寄せていただくことが良いのですが、不動産屋さんは、工事業者をかかえているケースが多く、他社の参加を拒む傾向があります。
中には、もちろんきちんとしている業者さんも多くいること思いますが、見積書の項目に「クロス張替え工事、00000円内、賃貸人負担・大家さん負担」と経過年数を考慮した見積もりになっているかを確認します。
納得いかない場合は、近くにある消費者センターで、賃貸契約書、賃貸人の契約年数または、居住年数が分かる住民票と退去時の室内写真をもって、相談に行きましょう。
消費者センターでは、不当な場合は、大家さんなどに電話を直接かけて、話してくれますが、強制力はありません。先方が多いない場合は、裁判等のアドバイスもしていただけます。
また、納得できても、一括で支払いができない場合は、分割で支払う交渉もできます。
決して、心配しないで、前向きに解決しましょう。 

原状回復費用は、大家さん次第

先日、八王子市のアパートでペットの汚部屋の片付けをしていたときです。間取りは、2DKで奥さんとお子様が2人住んでいました。奥さんは、すでに再婚されて、こちらの家を離れ、近くで暮らしていました。息子さん2人が卒業され、借りていたアパートを引き払うことになり、私たちが呼ばれました。
伺うと、暮らしていた子供たちが、ペットの世話をしていなかったようで、部屋は、ゴミ屋敷になっていました。作業は、3日間いただき、片付け始めると、隣の大家さんが、訪ねてきました。大家さんは、部屋の中を見ると。「こりゃ、スケルトンにして改装するしかないか」といいました。私は、結構お金かかりますよね。ご本人は、負担できますか。と投げかけると。「僕、大工だから、費用は、そんなに掛からないよ。請求しても支払いできないと思うので、。請求は、しないよ」というのです。本当に良い大家さんでした。このようにすべての大家さんが、無茶な請求をする方ばかりでは、ありませんので、意外にすんなり住むケースも多いでしょう。
 

応援します。ゴミ屋敷親切に解決します

ゴミ屋敷のことならおまかせ。いろいろなゴミ屋敷に対応しています。引っ越し後のゴミ屋敷、お年寄りの部屋のゴミ屋敷、子供部屋のゴミ屋敷、火災の後のゴミ屋敷、実家のゴミ屋敷、単身者のゴミ屋敷。お部屋にためたペットボトル、コンビニ弁当ゴミ、長年放置した食品や生ごみ、散らかり部屋から長年放置したゴミ屋敷も片付けいたします。お立合い不要で対応も、また近隣に目立たない配慮もお任せください。踏み固まったゴミ屋敷もスピーディーに片付けます。
家の片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
ゴミ屋敷片付け料金案内⇒こちらからご覧いただけます
 
 
簡単ホームページ作成