ゴミ屋敷片付け業者・見積りは、ネットでできる。親切丁寧な片付けなら

 

 
 
 
 

 

板橋区のゴミ屋敷・ゴミ部屋片付け事例

板橋・片付け事例-1・一軒家のものすごいゴミ屋敷
ご依頼者のお知り合いからのお問合せでした。板橋の一軒家で、ゴミ屋敷を片付けてほしいということで、とりあえず現地に見積もりに来てほしいということで、依頼者とご紹介者とこちら3人で現地待ち合わせいたしました。一足先に現地に着いたので、建物の周りを見ても、通常の様子で、中がゴミ屋敷という感じがありませんでした。しばらくすると、依頼者と紹介者が一緒にこられて、早速部屋を拝見することになりました。玄関ドアがゴミで押され開きません。家は、築20年ほどなので、そう簡単に壊れるはずもないのに、これは、大変なゴミ屋敷と感じ、皆も中の様子が知りたいようで、何とか、窓を開けよじ登り建物の中に入りました。すると、一階の全室は、ぎっしり腰高一面にゴミがあり、玄関ポーチは、背丈ほどのゴミがありました。2階の様子も見たいところでしたが、とてもあがれる状況でなく、断念しました。とりあえず、玄関を片付けて、全体の様子がわかり次第に本契約を結ぶということで、翌日からスタートしました。結果、20台近くのゴミを片付けて終了でした。
正月明け早々の仕事は、自殺後のゴミ部屋片付けでした。
同棲中の男性が、12月31日の夜に首吊りして亡くなり、そこ後の警察の検死が終わり事件性なしと判断されて、私たちに部屋の遺品物を彼女が片付けを依頼してきました。
部屋は、ゴミ屋敷というほどでは、ありませんが、後何年かすると、ゴミ屋敷になってもおかしくない状態でした。片付けの量よ作業は、比較的軽めでしたが、作業は、中々進みません。
お客さんの指示で、確認しながら要らないものを運び出すのですが、まだ、事件のショックと思い出の記憶が、真新しくて、作業の合間、合間で、思い出話が、出てきます。
本人からは、彼が、自殺した理由がわからないと言います。クリスマスイブもこの部屋で楽しく過ごしたと思い出を語りました。彼女は、看護師さんで夜勤があり、自殺した31日は、病院でしたと。
風呂場のバスタブに水がまだ残されていました。彼女は、それを見て、悲しい顔で、私が病院に出勤する前、二人でお風呂に楽しく入った、まだ、風呂の水を抜かないでほしいと。
最後に、テーブルに着いた彼の血を拭き取りして作業を完了しました。
 

お問合せ: ライフサービス・ゴミ屋敷片付けチーム

ライフサービス・ゴミ屋敷片付け 
全店共通電話 04-2990-3738 
午前8時から午後8時まで。年中無休・土日祝日もお電話お受けしています
時間外は、メールでお問合せください
気になる掃除料金は、
こちらから、ご覧ください
 
 
簡単ホームページ作成